ソースコードでは、サービスはstartServiceに

8月 15, 2012

ソースコードでは、サービスはstartServiceにIntentを移動して開始し、
停止するには stopServiceとなります。
Cloud to Device Messaging (C2DM)は、ウェブサイトの更新情報をAndroidで認識するためのものです。
バックエンドで処理をした値をGUI スレッドにポストを行うとフリーズさせずにイベント処理の実行ができちゃいます。
iTunesやAppStoreの動きにストレスを感じる場合がありましたが、
ダウンロードまでがシームレスです。
AlertDialog (アラートダイアログ)でメッセージをアラートやポップアップするのですが、これが役立ちます。
ディスプレイを横 (ランドスケイプ) にした場合と縦 (ポートレイト) にした場合でフラグメントを切り替える実装方法があります。
ディスプレイでメッセージを出した上で、非同期処理でバックエンド処理ですが設定はshowで表示、dismissで消去です。
getActionBarメソッドを利用して ActionBar を取得し、hideメソッドを呼ぶことでアクションバーを非表示に出来ます。
アンドロイド成功には
Googleの独占ではなくWEB検索の総和を目的としたことが急成長を遂げたはじまりかもしれません。
サンプルのhello_world.pyなど開発で1度は見ると思いますが実行するとHello Android!とメッセージされます。

Leave a Reply