getExtras().get(data) で直接 Bitmap オブジェクト取得

8月 16, 2012

getExtras().get(data) で直接 Bitmap オブジェクト取得を行いEXTRA_OUTPUTを設定しない時、小サイズのBitmapとなります。
さて、多くの企業が注目しているアンドロイドアプリは
携帯電話からスマートフォンへの移行をする人が多く、今後もスマートフォン人口は増えることでしょう。
ユーザーが何かを行うことを目的としたスクリーンを提供するアプリケーションコンポーネントをアクティビティ (Activity)と言います。
開発のスタートとしてフレームワークを使うことにより完成までのやり方が定まってくるため効率が良いでしょう。
ユーザーのさまざまな通信環境を想定してエミュレータ上で始動する際は、通信速度の遅い設定で動作確認を行いましょう。
スマートフォンでの大きな課題として挙げられるバッテリー消費を考えCPUと通信の電池消費を出来る限り抑えます。

アンドロイドのOSシステムには、
AlarmManagerを設定することができプログラムをバックグラウンドで実行させられます。
RPCのコードを書くにあたっても数クリックでそのボイラープレート・コードを生成する事が可能です。
shouldOverrideUrlLoadingでfalseを返すとこのWebViewClientがそれを処理し、
trueを返すとホストアプリケーションに処理を任せます。
個人で開発したアプリでも有料で販売することで、
開発企業だけでなくさまざまな人が開発でのビジネスチャンスを狙っているのがアプリです。          

Leave a Reply