感動のないタブレット??

6月 21, 2014

かなり辛辣な表現だと思うのですが^^これは世界的に言われていることなのでしょうか。サムスンのタブレットは「感動のないタブレット」だと言われているそうです。しかし、今回新発売されることになったタブレットは、この感動がない「これまでの数年間出し続けてきた、平凡で感動のないタブレットに別れを告げようとするものだ。」と、そして驚異的なハイスペック機へと変化したものだそうです。実際の説明としては、「8.4インチ(399ドル)と10.5インチ(499ドル)の2機種、色の表現がリッチになり、コントラストも視野角も良くなり、全体的に黒はより深く、白はより純白になった。画面の解像度はなんと2560×1600で、HDを上回る。テキストを読んでるときなどは彩度がソフトになり、超大作映画では高彩度に戻る。」と。ただ、「実体がAndroidだから、iOS~iPadの成熟したソフトウェア環境と比べることはできない。」とも書かれていました。ITに疎い私は、iOSがどれだけ成熟したソフトなのかはわからないのですが、このようなハイスペックのタブレットであってもまだまだ納得できないユーザーも出てくる、ということなのでしょうかね。Android・・良いと思うんだけどな~。
関連リンク http://ascentnet.co.jp/mdm-modem/mdm%E6%A9%9F%E8%83%BD/apple-ios-mdm/

Leave a Reply