訪日外国人客向けのサービス拡充の一環としても

5月 23, 2016

ナビタイムジャパンの法人向けのスマートフォンやタブレット、パソコンなどのサービス「乗換・時刻表サービス」に、先月の30日から新しい機能が追加されたそうです。

まずは横浜市で利用可能となるようですが、その新しい機能とは英語で対応できること、そしてルートをプランニングできるというものだそうです。

この乗換・時刻表サービスというものですが、法人向けということで、鉄道会社やバス会社などのホームページ内で乗り換えの案内、時刻表の検索などができるシステムのこと。皆さんもこのような機能、よく利用されているのではないでしょうか。私も地元の電車やバスの時刻表をよく利用している一人です。

これが英語での利用が可能となり、ルートプランニングというサービスでは「横浜市内の複数の行きたい場所を自分の行きたい順番に並べ替えて、ルート検索できる」ようになるそうです。

確かに英語機能が加わることで、訪日外国人もより便利に日本を観光できるようになるかもしれませんね^^

Leave a Reply