マイクロソフトのスキャンアプリ『Office Lens』

6月 13, 2016

最近、名刺やホワイトボード、会議に使った資料などをスマートフォンなどでスキャンしてデジタル化しておくという企業が増えているそうです。後から検索して参照したり、他のメンバーと共有したりする時に便利だし、紛失のリスクも軽減されるからなのだとか。そこでオススメしたいのがマイクロソフトが無償で提供しているスキャンアプリ『Office Lens』(iOS、Android、Windows Phone対応)です。これは、歪み補正やトリミングされた画像データができる上に、名刺の電話番号やメールアドレス、更には書類のテキスト化が簡単にできるんですよ。ただし名刺に記されている氏名や会社名はテキスト化されないので、専用の名刺管理アプリを使った方がいいかもしれないですね。便利なのは「ドキュメント」や「ホワイトボード」機能でしょう。トリミングや拡張が行われ、OneNoteやWord、PowerPointなどのファイルにも変換できるんです。書類をOffice Lensの「ドキュメント」機能でスキャンしてWordに保存すると、OCR機能によって自動的にテキスト化されるんですよ。すごく便利だと思いませんか。紙コストの削減だけでなく、業務効率化にもつながりそうですね。

Leave a Reply