見かけに騙されないことがコツ

8月 4, 2016

CRMの導入でもそうなんですって。見かけに騙されてはいけないと。では見かけとはどこのようなことなのでしょうね。

CRMを導入する際には、サービスをしている会社の商品説明やコストを重視して選定すると思われますが、その際、システム部のマネージャーや管理する立場のスタッフに決定権があるもの。どんな会社もそうでしょうし、コストがかかること、新しいものを導入する際には上層部に決定権がありますよね。しかし、CRMの場合にはそうしたこれまでの流れだけではだめなんだそうです。

と言うのも、有名企業の有名なCRMを導入したとしても、手間がかかりすぎたり自分たちが使いたかった機能がなかったり、実際にこのシステムを利用するスタッフが使いこなせないシステムを選んでしまっているから。

システムを使う人間が営業課題を抱えているわけですから、この人たちが選定に加わる必要があるんですね。見かけに騙されない、現場の人間がいくつかのシステムの比較をし、実際に利用する際のことを考慮しながら決定するのが重要なんだそうです。

Leave a Reply