あらゆる情報が役に立っていきます

5月 18, 2017

「こんなデータ必要無いよね!」と言って情報を削除。ところが数ヵ月後にその削除したデータが実はこれからの会社経営にとても参考になるものだった・・というケースがあります。

たとえば失注してしまった営業案件。戦略も立てて事前に準備をしっかりしていたのに結果的に受注にはつながらず、営業マンもがっかりと肩を落としてしまった。その案件の過程を詳細に残していたデータがありましたが、見返すことも無いだろう、と言うかがっかりし過ぎてデータを見る気にもなれない、と削除。しかし、失注した営業案件のデータこそ、実は次の商談に役立つ様々な情報が詰まっていたんです。どの時点で失注のつながる事を発していたのか、見せるべき情報、伝えるべき情報を相手に伝えていなかったのでは・・。これらをもう一度洗い出すことで営業プロセスが改善されていくわけです。

失敗は成功の元になることは、昔も今も変わらないと言う事なんですね。営業情報、営業日報などはまさに会社にとっては宝物。削除してはいけませんよ!^^

KnowledgeSuite

Leave a Reply