SFAの穴を埋めてくれる

5月 26, 2017

SFAに穴があるなんて思ってもみませんでした^^どういうことかと言いますと、顧客情報に穴が空いてしまうということなんです。

通常、SFAでは商談をしている顧客の情報は常に営業マンが営業日報に入力しているので、詳細に記録されていきます。でも、商談にまだ至っていない顧客対象、例えばイベントやセミナーで名刺交換だけした相手や会社とはまだちゃんとして接点が持てていないので、日報へ記録をしていませんよね。これが穴となるわけです。

この穴を埋めてくれるのが、名刺管理ツールなんだそうです。名刺管理ツールをSFAと連携させる。こうすることでSFAの穴を埋められるそうなんです。名刺交換をした際には、担当者同士で何かしらの会話もしますよね。このような商品を探しているとか、このような商品に興味があるとか。これらも名刺管理ツールにはデータとして蓄積されていきます。SFAの前段階のようなツールとしても、名刺管理ツールは便利に活用することができると思いますね。

Leave a Reply