千差万別mdmサービス

7月 3, 2017

mdmにおける社用端末の一元管理、システム関係の難しいお話のようにも感じるかもしれないが、mdmサービスを提供する会社は多く、「どこでも一緒」では生き残れない。様々な付加価値やサービスの提供で「差別化」を図る会社も多い。使う側も使っている内に、「もっとこんな機能が欲しい」という感じに必要な物が後から見えてくる事もある。そうなるとmdmサービスを比較検討する事にも繋がり、サービスを乗り換えるという事も往々にして起こりうる。もちろん同じ会社が様々な「プラン」を用意している事も多く、企業規模の変化に応じて適切なサービスを利用する事もできる。「体験版」や「無料お試し期間」などを設けている所も多く、分かりやすいメニュー画面を武器にしている物や、サポート体制の充実など、企業向けのサービスではあるが、声高にその重要性が叫ばれた業務用スマホにおける黎明期のような「お硬い」イメージは随分と様変わりしてきている。mdmの導入はある意味では「保険」であり、提供する側も、「売り方」が保険会社のそれに近い物になりつつもあるのだろう。mdm基本情報

Leave a Reply