スキマ時間で効率よく勉強できるタブレットの導入

8月 28, 2017

学校や塾ではiPadなどのタブレット端末を授業に取り入れるところが増えています。タブレット端末などのモバイルデバイスを導入することによって学校での授業では、生徒の関心を高めることにもつながりますし、教師の授業の準備の負担の軽減にもつながります。また学習塾や進学塾においては、スキマ時間を利用して効率的に予習、復習をすることができるようになるので、塾に行って勉強をすることで理解度がさらに向上し、成績アップにつながると言われています。
iPadなどのタブレット端末を授業で使用する時には、アプリケーションをダウンロードして、その必要なアプリケーションを使って授業をするのが一般的です。アプリケーションの設定や導入、管理などは塾の先生が行うのはタブレット端末の数も莫大になるので無理でしょう。そこでmdmを使って効率的に一括管理することでよりiPadの管理がスムーズになり、教師にとっても生徒にとっても充実した授業を受けることができるようになるのです。
mdmで隙間時間も勉強できます

Leave a Reply