教育機関向けのアプリ配信プログラムVPPとは?

2月 19, 2019

大量のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入するにあたり、mdmを利用して一元管理をすることで、大量のモバイルデバイス端末も効率よく、そして簡単に管理することが可能です。
またセキュリティ強化にもつながるので、モバイルデバイス端末を安全に使用するためには欠かせない管理ツールとなっています。
しかし大量のモバイルデバイス端末を導入する場合、初期設定(キッティング作業)が管理者にとって大きな負担となります。そこで利用したいのがVPPです。VPPはVolume Purchase Programの略であり、アップル社が提供する法人や教育機関のためのプログラムになります。VPPは企業や学校でモバイルデバイス端末を利用する場合のアプリケーションの導入をより効率化する目的で提供されたプログラムになります。

Leave a Reply