mdmのリモートワイプ機能

4月 2, 2019

mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、企業や教育機関などでモバイルデバイス端末を導入する場合、大量のモバイルデバイス端末を管理しなければなりません。
モバイルデバイス端末を管理する場合、企業の管理者の負担が大きくなってしまうため、その負担を軽減するための管理ツールプログラムとしてmdmがあります。
Mdmツールを用いることによって、大量のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を円滑して一括管理することが可能です。mdmには様々な機能があり、リモートワイプもmdmの基本的な機能の1つです。
リモートワイプは遠隔操作によって、モバイルデバイス端末内の情報を消去して、モバイルデバイス端末を初期化してしまう機能になります。
初期化されたモバイルデバイス端末は、紛失、盗難によって第三者の手に渡ったとしても、そこから機密情報や個人情報が外部に流出してしまう恐れがありません。

Leave a Reply