導入形態によるmdmの比較

4月 12, 2019

企業がスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する時に、管理ツールとして同時に導入されるのがmdm=モバイルデバイス端末管理ツールです。企業がmdm製品を調達、導入する時に考慮しなければならない重要な基準としては、導入形態、アプリケーションのセキュリティ確保、ポリシー管理、ライセンスモデル、コンテナ化と非コンテナ化があります。
mdm製品によって基準も異なるので企業として求める機能、mdmに求めるものを明確化しておく必要があるでしょう。企業が自社に最適なmdmを比較して選定するのは容易なことではありません。mdm製品を導入する際には基準を利用して、その基準にそってそれぞれのmdm製品を比較検討してみる必要があるでしょう。例えばmdm製品には2つの導入形態があります。それがオンプレミス型とクラウドサービスとして利用可能にしたmdmサービスです。
オンプレミスのmdm製品は、基本的には社内LAN内の追加サーバとして扱うことになります。

Leave a Reply