セキュリティ面に強化に欠かせないmdm

2月 10, 2018

スマートフォンやタブレットは業務効率を図るために欠かせませんが、その反面セキュリティ面を強化しなければ、外部への情報漏えいリスクが増すため、非常に危険です。そこでmdmツールを利用して管理を行うことで、セキュリティ設定、監視設定をすることが可能です。例えば違反アプリの利用制限をすることがmdmでできますし、必須アプリのインストール状況の監視も可能です。企業で使用する必須アプリケーションがインストールされていないことが探知できた場合にはアラート通知などができる機能も備わっています。そのほか、自らインストールしなくても必須アプリの自動配信が可能であったり、ポリシー違反デバイスの自動探知などをしたりする機能もあります。
端末の設定状況の監視をすることで、違反利用を自動で探知して、アラート通知をします。このようなたくさんのセキュリティ機能を備えたmdmで管理をすることで、安全にそして効率的にスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスを利用することができるのです。詳しくはこちら

0

IT担当者が不在でも柔軟に対応できるmdm

10月 29, 2017

mdmツールでスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスを一括管理しておけば、万が一のトラブルにもすぐに対応することができます。mdmツールによる管理を行うことによって24時間365日の有人サポートを受けることができます。
手軽に持ち運べるスマートデバイスは自由にいつでもどこでも使うことができるため、夜間や休日でも紛失、盗難などのトラブルが発生する可能性が高いです。休日や夜間の場合、IT管理担当者が不在の時間帯があるのですが万が一のトラブルが発生した時でもmdm管理を行っていればmdmツールを提供する会社に、スマートデバイス端末の利用者が直接連絡すれば、オペレーターがスマートデバイス端末のリモートロックや初期化などの緊急対応をしてくれます。柔軟な対応を行ってくれることで、情報漏えいのリスクの低減と、IT管理者の拘束時間の低減が実現できるようになるのです。またmdmツールの中にはウイルス対策ソフトとして定評のあるMcAfee社製のアンチウイルスエンジンが連携しているものなどもあります。MDM modem

0

スマートデバイス端末導入で必要なmdm

10月 19, 2017

スマートデバイス端末の紛失、盗難の際のリスクを考えて、mdmを導入する企業が増えています。Mdmではスマートデバイスを一元管理することができるので、もしも紛失、盗難された時でも管理者がスマートデバイスのデータを遠隔で消去できるリモートワイプ単体のサービスがあります。
さらに最近のmdm製品の中には、総合的なセキュリティ対策製品の中にリモートワイプなどのセキュリティ機能に加えて、セキュリティポリシーの自動適用や端末の資産管理など、企業でスマートデバイスを導入する時に、管理、運用の負担を軽減できるような様々な機能が搭載されています。
企業でスマートデバイスを導入するにあたり、紛失、盗難のリスクは一番気を付けなければならない点になります。この機能がついているmdmツールを導入することがスマートデバイスの企業導入には大切となってくるのです。
この他にも様々な機能を持つmdm製品ですが、管理自体は非常に簡単なので、スマートデバイスによるビジネス効率アップが期待できます。MDM 「モバイルデバイス管理」 サービス – MoDeM

0

多種類の端末機器導入が重要なモバイルデバイス

9月 11, 2017

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末が急速に普及した現代では企業での導入も進んでいます。企業としては提供しているコンテンツを色々なモバイルデバイスに対応する必要性が重要になってきているのです。企業内でもコンテンツやアプリケーションなどの複数の種類のモバイルデバイス端末から利用できるようになるとより業務効率がアップして便利になります。モバイルデバイスと言ってもたくさんの種類の端末機器が混在してしまいますので、それらの端末機器同士が相互に連携できるようになることが、企業でのモバイルデバイス導入にあたって、業務を効率的、そして効果的に運営する上では欠かせません。
そこで多種類の端末機器でコンテンツやアプリを提供できるように一元管理するツールとなるのがmdmです。情報機器のマルチデバイス化が進む今後、mdmツールはますます必要性が問われていくでしょう。

0

スキマ時間で効率よく勉強できるタブレットの導入

8月 28, 2017

学校や塾ではiPadなどのタブレット端末を授業に取り入れるところが増えています。タブレット端末などのモバイルデバイスを導入することによって学校での授業では、生徒の関心を高めることにもつながりますし、教師の授業の準備の負担の軽減にもつながります。また学習塾や進学塾においては、スキマ時間を利用して効率的に予習、復習をすることができるようになるので、塾に行って勉強をすることで理解度がさらに向上し、成績アップにつながると言われています。
iPadなどのタブレット端末を授業で使用する時には、アプリケーションをダウンロードして、その必要なアプリケーションを使って授業をするのが一般的です。アプリケーションの設定や導入、管理などは塾の先生が行うのはタブレット端末の数も莫大になるので無理でしょう。そこでmdmを使って効率的に一括管理することでよりiPadの管理がスムーズになり、教師にとっても生徒にとっても充実した授業を受けることができるようになるのです。
mdmで隙間時間も勉強できます

0

安全にモバイルデバイスを利用するにはmdmが必要

8月 19, 2017

タブレット端末やスマートフォンなどのモバイルデバイスを安全に活用するためにはmdmが欠かせません。Mdm機能の主な特徴としてスマートデバイスの安全管理があります。管理状態を一目でわかるようにポリシーに反するユーザー操作、サーバーと端末間の無通信状態を24時間キャッチし、mdm管理下にある端末とそうでない端末を分かりやすく表示し、管理状態が一目瞭然になります。
またアプリの管理配布は、最大300MBまでアップロードが可能であり、専用サーバーが不要です。Mdm機能を利用することでアプリのインストールを強制することができる他、リモート削除も可能になっています。
またmdmではデータ暗号化を強制することもできます。スマホやタブレットでandroid端末の場合、情報漏えいや第3者による不正利用を防ぐこともできます。
Mdm機能には様々な管理機能があるため、安全にモバイルデバイスを使用するための重要なサービスとなっています。
安全を届けるmdmサービスに関しては

0

リスク掌握

8月 9, 2017

社用の端末導入に際してはセキュリティー面での必須項目としてMDMの導入が責務となるが、その主たる理由は「最悪の事態」への備えであり、どのサービスでもその点だけは強調される部分である。最悪の事態とは「情報漏洩」「個人情報の流出」を指すが、それがどれほど重大かつ社にどれほどのダメージを与えかねる問題なのかをしっかり認識しておく必要がある。住所氏名年齢という基本的な個人情報だけでも漏洩したとなれば信頼の失墜は避けられないし、問い合わせへの対応にも人を取られる。全国紙の新聞5社へのお詫び広告の掲載や、お詫びの粗品も数が多ければ額も馬鹿にできない。またクレジットカード番号等が流出した上に、顧客に金銭的な被害が出たという場合は、訴訟の絡む問題ともなり、その賠償も含む対応が必要となり、規模によっては再起不能と呼べるダメージともなりうる。漏洩に関しては事後にどこから漏れたかの「証拠探し」を専門に行う企業も存在するが、それは犯人探しというよりは責任の在り処を確定させる作業とも言える。基本的には漏れてからでは全てが遅い。

0

24時間のサポート体制が整うmdmとは?

7月 31, 2017

mdm機能を利用すれば、WindowsPCでも、androidのスマートフォンやタブレットでも、iPhone、iPadなどiOSを搭載したモバイルデバイス端末でも、すべてのスマホやタブレットなどのモバイルデバイス端末に対応しています。マルチプラットフォームに対応したmdmであれば一括した管理、運用が可能になります。Mdm機能を利用することで組織に存在するデバイスの情報を一元的に把握することもできますし、セキュリティレベルを一定以上に維持することが可能です。
またmdm機能では24時間365日のサポートサービスを行っているメーカーがほとんどであり、端末のリモートロック、リモートワイプをはじめとして、24時間いつでも電話依頼による操作代行が可能になっています。
急なトラブルにでも柔軟に対応できるmdmサービスだからこそ、情報漏洩を未然に食い止めることができ、ビジネスの効率化につながるのです。
Mdm機能はメーカーによってそれぞれ特徴がありますので違いを把握して選ぶことが重要になるでしょう。
mdmのアプリ配信もついてます

0

業務以外の利用を制限するにはmdmが必要?!

7月 22, 2017

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスの企業、教育機関での導入が進む中、課題もたくさん見えてきています。モバイルデバイスを利用することはメリットだけではなく、デメリットもあるという点を踏まえて使用する必要があるでしょう。ここではモバイルデバイスの企業、教育機関での導入における課題についてまとめてみます。
スマートフォンやタブレットを企業や学校で使用すると業務以外の利用による業務効率の低下が考えられます。個人に与えられたスマートフォンやタブレットに仕事や授業に関係ない、アプリをダウンロードしたり、インターネットにアクセスしたりする場合、仕事や学校に身が入らなくなり、仕事、学習の効率は大幅に低下してしまうでしょう。そこで業務外、学習外利用を防ぐためにモバイルデバイスを一括で管理して、利用制限をしてしまうのです。それこそがmdmソリューションになります。Mdmを利用することによって業務や学習の効率を高めることができるでしょう。
mdm教育現場での使い方

0

MDMは必ずしも必要か?

7月 13, 2017

MDMが必要か、否かで言えばそれは当然「必要」である。しかしそれは「現時点では」という意味にもなる部分だ。仮に車の保険、これは言うまでもなく必要な物という認識だとう。任意という名の下に概ね強制されている物だ。これが将来、車が勝手に走るようになり、個人所有の車であっても公共のシステムの下で「絶対の安全」を保証された時にも現在と同じシステムの保険は必要か?結局の所は「事故」に対して「誰が」その「責任」を取るのかという話だ。自分が運転して事故が起これば自分の責任だが、勝手に走る車が事故ったらそれは誰の責任だろうか?MDMにおける端末管理も現時点では「社の責任」として必須の部分だが、同様のセキュリティー概念は個人用の端末であっても疎かにはできない。個人向けのそういったサービスも増加傾向にあり端末自体の機能としても提供されている事もある。子供やご年配の方に持たせる端末であれば「位置情報」などは必要な機能の一つだ。現在は「必要な機能」が別売りとなっている形だが、徐々に「当たり前」の事にもなるだろう。一般人ほど、端末は「体の一部」になりつつある。それを置き忘れるなんてとんでもない。mdmに関してはこちら

0