mdmソリューションは必要なのか?

12月 15, 2018

モバイルデバイス端末管理ツールであるmdmは、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一括して管理するためのソリューションになります。
その機能はモバイルデバイス端末の初期設定を一括して行うだけではなく、セキュリティ対策や資産管理など多岐にわたります。
mdmの基本的機能の1つに利用情報収集という機能があります。これはモバイルデバイス端末が企業の運用ルールを守って、正しく利用されているかどうかという観点から、インストールされているアプリケーションやモバイルデバイスの利用頻度などの情報を遠隔操作で収集して管理する機能になります。情報収集することで、もしもポリシーに反する利用方法をしている場合には、モバイルデバイス端末の設定や利用制限などを企業として見直すことができるので、業務効率アップには欠かせません。mdmソリューションは企業で円滑にモバイルデバイス端末を業務利用するためには必要不可欠なのです。

0

mdm市場から分かる現在の企業が求めるmdmとは?

12月 5, 2018

順調に拡大を続けるmdm市場は、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の普及に伴い、今後さらにそのマーケットは拡大を続けると言われています。
ただmdm事業者殻は中期的、長期的な市場成長を不安する声も上がっています。mdm提供数の母数となる、法人契約しているスマートフォンや携帯電話、タブレットなどのモバイルデバイス端末の導入台数は、いつか頭打ちになります。
その上限の押上効果が期待できると言われるbyodに関しても日本ではいまだに導入されていない企業も多いため、mdmの需要も緩和しやすいです。
現在のmdmを利用するユーザーは、通信キャリアや販売店などから、提案を受けて、セキュリティ面の強化のための最低限の機能であるリモートロックやリモートワイプを備えた、低料金のmdmを採用しているケースが大半です。
売り手主導型マーケットになっているという現状があります。その中から、本格的な業務での活用を模索する企業が増えてきています。

0

少しずつ広まるbring your own device

11月 25, 2018

日本の企業においてはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で利用する場合、企業側がまとめて大量のモバイルデバイス端末を支給するのが一般的でした。
しかし近年ではモバイルデバイス端末の普及に伴い、bring your own deviceの導入を進める企業も増えてきているのです。
bring your own deviceとはbyodのことであり、自分のモバイルデバイス端末を持ち込むことです。私物のモバイルデバイス端末を私用することで利用効率がアップしたり、初期導入の費用を削減したりすることができます。
日本でもbring your own deviceの導入は少しずつですが始まっているものの、まだ十分な推進はできていません。
その理由として企業が十分に安心できるセキュリティに対する規定やソリューションが確定されていないのです。今後bring your own deviceはさらに浸透していくのでセキュリティ対策などを考えていく必要があるでしょう。

0

モバイルデバイス端末導入事例の急増に伴うmdmの普及

11月 15, 2018

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務などで活用する企業、組織、教育機関は増えており、モバイルデバイス端末導入事例は右肩上がりになっています。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末はインターネットへの接続やインターネット上でのサービス利用をユーザーにとってより使いやすいものにしてくれます。
その一方で企業のIT管理者から見ると、考慮しなければいけない管理ポイントが増えるため、管理者泣かせとも言えます。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の業務利用にあたっては、それらの特徴を加味した上でセキュリティ管理や資産管理を徹底して行わなければなりません。
セキュリティ管理や資産管理として利用するべきツールがmdmになります。mdmではモバイルデバイス端末管理ツールの略であり、多くの企業で導入が検討されています。mdmを導入することによってセキュリティ強化につながるだけではなく、資産管理、アプリケーション管理など業務効率アップにもつながります。

0

急激に拡大するmdm市場

11月 5, 2018

mdmはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を会社や学校などの組織で導入する場合、円滑に利用するために欠かせないツールとなっています。mdm市場は今後さらに拡大すると言われており、モバイルデバイス端末導入=mdm導入が基本となってきている現状があります。
企業が業務用にモバイルデバイス端末を従業員に配布する時、IT管理者はそれらのモバイルデバイス端末を適切に管理、運用することが求められます。
特に使用する場所が決まっていないモバイルデバイス機器においては、mdmによる管理を効率的に行うことが非常に重要になります。
IT管理者が遠隔操作でモバイルデバイス端末を管理する仕組みであるmdmは安全にそして業務効率アップを図るために欠かせないソリューションと言えるでしょう。
モバイルデバイス端末利用時にmdmで求める目的は各組織によって異なります。それぞれの目的にあったmdmを導入する必要があるでしょう。

0

mdmは必要不可欠な管理ツール

10月 5, 2018

mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、企業や教育現場などで大量のモバイルデバイス端末を導入する上で必要不可欠な管理ツールになっています。Windows、android、iOS端末などモバイルデバイス端末の一元管理やセキュリティ対策をwebブラウザー上から簡単に実現できるmdmソリューションになるので、管理者の負担を軽減できます。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業で導入するとなると、業務効率アップというメリットだけではなく、初期設定をしなくてはいけなかった離、社外秘情報が流出しないようにセキュリティ強化を行わなければいけなかったり、社員の業務外の利用対策をしなければいけないなど、課題がたくさん見えてきます。
モバイルデバイス端末初期導入から運用管理まで様々な悩みが出てきますが、それらを全て解消してくれるのがmdmなのです。
mdmを導入することで個人情報や社外秘情報などが外部に流出しないようにセキュリティを強化できますし、資産管理やアプリケーション管理なども可能になっています。

0

導入時に覚えておきたいmdm製品による機能の違い

9月 25, 2018

mdmサービスは製品によって機能が異なります。基本となるのはリモートロックやリモートワイプなどのセキュリティ機能になりますが、それ以外にもアプリケーション管理ができるmam機能や、コンテンツ管理ができるmcm機能などもあります。
これらの全ての機能を幅広く管理、対応できるマルチプラットフォーム型のmdm製品は非常に人気があります。
mdmサービスを軸として、できるだけ全ての機能を同じ管理画面から操作できるマルチプラットフォームのmdmでモバイルデバイス端末を管理できれば、スムーズに管理できますし、業務効率アップにもつながります。
mdm機能の他、mam機能やmcm機能を持つサービスを個別に導入して対応することも可能ですが、その場合管理費も高くなり、効率も悪くなってしまうでしょう。モバイルデバイス端末を用いた業務を効率よく行うためにはmdm管理が重要です。
mdm管理が円滑に進むためにはmdm製品選定はしっかりと考えたいです。

0

byodに踏み切る理由とは?課題は?!

9月 15, 2018

従業員による私物のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の持ち込みをbyodと言います。このbyodを企業として禁止しようとしても、モバイルデバイス端末をこっそりと持ち込まれて使用されている場合、企業として管理しようがありません。
隠れてこっそりと私物のモバイルデバイス端末を業務で使用している場合、そこから情報が漏洩してしまう危険性はゼロではありません。
そこで反対している企業としては逆にbyodを導入して、明確にしっかりと管理をした方が、セキュリティ上の問題は起きないでしょう。byodを認めることで従業員は自分で選んだ、ノートパソコンやスマートフォン、タブレットなどを購入して、会社のITシステムに接続し、使用すできます。
byodに対する要求が高まっている現在、その理由はどこにあるのでしょうか?まずは従業員がWindowsXPを長く使い続けているという現状があります。
会社のモバイルデバイス端末はいまだにWindowsXPを利用している企業が必要に多いです。
自宅で他のバージョンのWindowsに使い慣れている場合、byodの方がよいと考えてしまうでしょう。

0

androidの端末管理はmdmにお任せ

9月 4, 2018

androidやiphoneなどのスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は業務の効率アップには欠かせません。外出先でも仕事をすることができるため、多くの企業ではandroidやiPhoneなどのモバイルデバイス端末の導入が進められています。
androidやiPhoneを導入する場合、そモバイルデバイス端末管理をどうするか?が重要な問題となります。端末管理をしっかりとしておかないと、紛失・盗難時の情報漏えいのリスクなどが高まってしまうため、きちんとした端末管理を利用してandroidなどのスマートフォンを端末管理する必要があります。
androidの端末管理を行う上でおすすめなのがmdmソリューションです。mdmソリューションはモバイルデバイス管理ツールのことであり、企業などで大量のモバイルデバイス端末を導入した際にはこのmdmソリューションを使って一括管理を行っていきます。
導入時の面倒な初期設定もmdmソリューションを利用すれば簡単に設定をすることができますし、紛失・盗難時のセキュリティ対策などにも効果を発揮してくれます。

0

byod導入事例における管理の重要性

8月 25, 2018

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の企業での導入が進む中、企業がモバイルデバイス端末を従業員に支給するのではなく、それぞれの従業員が持っている私物のモバイルデバイス端末を業務で使用するbyodの導入事例が増えています。
このbyodはbring your own deviceの略であり、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の導入コストや通信コストを抑えることができるので企業としては非常にメリットの大きい導入方法と言えます。
しかしスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末にユーザーデータを残してしまうことになるbyodは、盗難、紛失時の情報漏えいリスクが高まるため、セキュリティ面においては徹底的な管理、施策が必要になります。
そこでbyod導入する場合には、mdmなどの管理ツールを用いて、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末側に業務用のデータを残さないようにするなどの管理を徹底する必要があるでしょう。

0